ビューティーオープナーローションのリアルな口コミ | 購入レビュー

ビューティーオープナーローション

ビューティーオープナーシリーズの化粧水、ビューティーオープナーローションが届きましたので、早速使用してレビューしてみたいと思います。

まだリリース直後で口コミ情報が得られない為、私の体験記がお役に立てば大変嬉しく思います。

 

ビューティーオープナーローション到着

 

ビューティーオープナーセット開封

 

ビューティーオープナー3点セット

 

ビューティーオープナークリームが気になる方は以下記事を参照下さい。

ビューティーオープナークリームのリアルな口コミ | 購入レビュー

ビューティーオープナーローションの全成分を見てみましょう。

全成分
水・BG・グリセリン・PEG-60水添ヒマシ油・加水分解卵殻膜・PCA-Na・キサンタンガム・クエン酸Na・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・アオモジ果実油・ニオイテンジクアオイ油・レモングラス葉油・ローズマリー葉油・クエン酸・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・カルノシン・スクワラン・フランスカイガンショウ樹皮エキス・リン酸アスコルビルMg・加水分解ヒアルロン酸・水酸化K・イソステアリン酸・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・水添レシチン・ビート根エキス・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン・エーデルワイスカルス培養エキス・ダイズステロール・ハベルレアロドペンシス葉エキス・リンゴ果実培養細胞エキス・セラミド3・プルーン分解物・メチルグルコシドリン酸・セラミド2・セラミド6Ⅱ・酵母エキス・トチャカエキス・加水分解エラスチン・加水分解サンシキスミレエキス・加水分解コラーゲン・(リシン/プロリン)銅・イソステアロイル加水分解コラーゲン・サッカロミセスセレビシアエエキス・オリーブ葉エキス・水溶性プロテオグリカン・ローズマリー葉エキス・アマチャヅル葉エキス・プラセンタエキス・水溶性コラーゲン・セルロースガム・炭酸水素Na・レシチン・ヒアルロン酸Na・白金・金・フェノキシエタノール

 

ビューティーオープナーシリーズですから、当然ビューティーオープナーローションも卵殻膜がメインの成分となります。

 

ただ、成分を見てみると随分と贅沢な保湿成分で構成されています。

美容の三大成分「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「プラセンタ」が配合されています。

さらにはリンゴ幹細胞エキスまで。

 

見て納得、使って納得です。

 

ビューティーオープナーローションの効果的な使い方とは?

ビューティーオープナーローションは化粧水の位置付けです。

オージオ化粧品の推奨している使用方法としては、洗顔後にビューティーオープナーオイルを肌になじませ、その後ローションをコットンに含ませて顔全体へなじませる手順です。

 

コットン派とハンド派に分かれる所ですが、まずは推奨されている方法で試して見ました。

元々私はハンド派なので、その後にでも試して見ました。

 

ここで気づいた点があります。

ビューティーオープナーローションは結構とろみが強いので、手だと適量の調整が難しく、塗りすぎてしまいます。

 

乾燥肌の方であれば問題ないのでしょうが、そうでない方はコットンを使用した方が使いやすいと感じました。特にビューティーオープナークリームとライン使いされるのであれば尚の事コットンがおすすめです。

 

ビューティーオープナーローションに期待出来る効果と使用感について

ビューティーオープナーローション使用感

お次はビューティーオープナーローションの使用感についてです。

成分から想定される通り、保湿効果は非常に高いです。

 

テクスチャーも悪くないです。

とろみがあり、伸びがよく、少量で顔全体から首回りまでなじませる事が出来ます。

かといってべたつきも気になりません。

 

また、香りがとってもよく、高級感を感じる化粧水といった印象を受けます。

卵殻膜特有の香りは植物由来のアロマオイルでうまく調合しカバーされています。

 

何より嬉しかった効果は、肌の弾力です。

翌朝の肌の弾力に気持ちが上がります。

 

ビューティーオープナーローションの口コミ | メリットとデメリットについて

 

ビューティーオープナーローションを客観的に評価し、メリットとデメリットをあげて見ました。

 

ビューティーオープナーローションのメリット

 

ビューティーオープナーオイルとの併用で相乗効果が期待出来る

コストパフォーマンスに優れている

正直導入液を踏まえなくても、単体でも十分魅力的な化粧水です

 

以上私が感じたメリットです。

やはりビューティーオープナー自体が乾燥肌に対する効果が高いのだと思いますが、とにかく翌朝の肌の弾力を考えると、ビューティーオープナーローション単体で十分魅力的な化粧水かと思います。

 

ビューティーオープナーローションのデメリット

 

ビューティーオープナーオイル同様に香りの好き嫌いが分かれると思う

とろみ成分により脂性肌の方は赤みやかゆみが出るかも

 

私が感じたデメリットは以上です。

ビューティーオープナーオイルほどではありませんが、やはり卵殻膜特有の香りが気になる方は気になるのだと思います。

私は全く気になりませんし、それこそが効果を連想させる高級感とすら解釈しています。

 

また、混合肌である私は部分的に使い始めに少々かゆみを感じました。

敏感肌の方なら尚更の事かもしれませんね。

 

ひょっとしたら海水浴後だったので、一過性の現象かもしれませんが、この辺りはもう少し継続して見て感想をシェア出来たらと思います。

 

ビューティーオープナーローション購入時の注意点とは?

ビューティーオープナーローションはリリース直後はビューティーオープナークリームとのセット販売しかされていませんでしたが、いま現在はそれぞれ単品販売されています。

ただ、ビューティーオープナーオイル同様公式サイト内でも販売ページによって価格が異なります。初回の方は必ずお試しキャンペーンのページから購入される事をおすすめします。

 

 

そして、これが一番の注意点なのですが、まずはビューティーオープナーオイルを試される事をおすすめします。

ビューティーオープナーオイルはブースター導入液の位置付けなので、その他の化粧品はこれまでの慣れたものを使えます。

 

まずはビューティーオープナーオイルでお肌との相性を確認してみてください。

卵殻膜の香り、また肌との相性があう場合は、ローション、クリームとライン使いを検討されるのが良いかと思います。

もちろん、ビューティーオープナーオイルをお試し済みであれば、迷わずセット購入をおすすめします。

 

参考記事

ビューティーオープナー | 購入後の本音の口コミと実感できた効果とは?

 

ただ、ビューティーオープナーローションも初回お試し価格1,875円と大変お安くなっていますし、定期解約の縛りも一切ありません。

乾燥肌でお悩みの方はお試しされる価値はあると思います。

 

ビューティーオープナーローションについてのまとめ

 

ビューティーオープナーローションの使用レビューまとめです。

 

  • ビューティーオープナーローションはコスパに優れている
  • ビューティーオープナーローションは乾燥肌の方と相性が抜群
  • ビューティーオープナーローションの初回購入はキャンページからがお得

 

ご興味のある方は是非どうぞ。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です