ビューティーオープナーはアトピーでも問題ないの!?成分から口コミまで徹底調査!

ビューティーオープナーとアトピー

卵殻膜配合の美容液の中で今最も売れている「ビューティーオープナー」。

口コミ評価の高さからもさらに人気上昇中です。

 

ただ、敏感肌の人は肌に直接つけるものには当たり外れがあるので、慎重になりますよね。

さらに、アトピー肌には合わないと使えないどころか死活問題です。

 

ということで、今回はビューティーオープナーがアトピーなど敏感肌でも問題なく使えるのかを調査したいと思います。

 

 

ビューティーオープナーの成分からアトピー・敏感肌に問題ないか検証

ビューティーオープナーの成分調査

結論からお伝えすると、成分構成上では問題は見当たりません。

 

まずビューティーオープナーの成分を見ていきましょう。

【全成分】水、BG、ンチレングリコール、加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Na、スクワラン、カンゾウ根エキス、バラエキス、ローズマリー油、レモングラス油、ニオイテンジクアオイ油、デキストリン、オレイン酸ポリグリセリル-10、クエン酸Na、クエン酸

成分を見る限り、問題になりそうな成分は見当たりませんね。

また、ビューティーオープナーは合成香料・着色料・鉱物油・防腐剤・アルコール不使用ですから、アトピー・敏感肌でも問題なく使用できると考えられます。

 

また、卵殻膜は美肌効果のあるシスチンが多く含まれています。

保湿効果と抗酸化効果が期待できますので、理論上はアトピー肌にも優しい構成になっています。

 

ただし、肌の状態が悪い時は慎重になる必要があります。

ビューティーオープナーはブースター導入液の位置付けで使う方がほとんどですよね。ですから、ビューティーオープナーの後につける化粧品の成分が大きく影響します。

 

まあ、アトピー・敏感肌で愛用できている化粧水などであれば、そもそも問題にはならないと思いますが、肌のコンディション次第で使い分けるべきというのが私の結論です。

 

 

ビューティーオープナーの口コミからアトピー・敏感肌に問題ないか検証

チェック

アトピー・敏感肌でも問題なく使用できたという口コミは存在します。

ただ、肌に合わなかったので使用を断念されている声もあります。

肌質は個人差と言ってしまえばそれまでです。

 

ですから、今回は実際に口コミされている具体的な体験ベースでの効果に注目して検証してきたいと思います。

 

ビューティーオープナーの口コミで特に多い効果は以下の通りです。

保湿効果を実感している

浸透性を実感している

ほとんどの方が翌朝の肌のコンディションから保湿効果を実感しています。

また、化粧水が肌に入ってくる感覚を表現している方も多いです。

 

アトピー肌に保湿は欠かせませんから、これは嬉しい結果です。

ただ、アトピーの根本にある問題は肌のバリア機能が崩れている事です。

例えばワセリンなどは油膜で水分蒸発(乾燥)を抑止しつつ、アレルゲンや刺激から肌を保護する発想です。

このバリア機能を司るのが「セラミド」であり、このセラミドの生成能力が低下しているのがアトピーです。

このセラミドという保湿成分で細胞間を埋め尽くす事で肌のバリア機能を高める事がアトピー対策となります。

 

ビューティーオープナーはむしろアトピー肌におすすめのコスメ!?

ビューティーオープナーはアトピーにおすすめ?

アトピーの方には「使っても大丈夫」というより、肌の状態をよくしてくれる事が期待できます。

 

ビューティーオープナーには美容液である「ビューティーオープナーオイル」とオールインワンジェルの「ビューティーオープナージェル」があります。

このビューティーオープナージェルに「セラミド」が多く配合されているんです。

卵殻膜はもちろん、プラセンタやスクワランといった肌との親和性が高い成分が多く含まれている為、この併用が最も効果を期待できると思います。

 

ただ、いっぺんに試すよりは、まずビューティーオープナーオイルで肌との相性を確認した後に、問題なければビューティーオープナージェルを購入する事をおすすめします。

ちなみに、現在オージオ化粧品のキャンペーンサイトではビューティーオープナーオイルを購入するとビューティーオープナージェルのお試し版がもらえます。

 

 

 

ビューティーオープナーの悪い口コミから見える注意点とは?

匂いが気になる

一方で肌に合わないと言っている方の口コミの傾向は以下となります。

  • 匂いが嫌なので使用を断念
  • 肌に赤みが出たので使用を断念

ビューティーオープナーに興味のある方は大体の方がこの口コミを目にしていると思いますが、特に匂いに関するネガティブコメントが散見されます。

 

私自身は硫黄の香りなど感じた事はありませんけどね。

むしろ生姜とレモングラスの組み合わせでとても好きな香りです。

ちなみに、旦那にも使わせてみたのですが、良い香りだねといっていました。

 

なので、これはアトピー・敏感肌とは関連しない口コミですよね。

次に少数ではありましたが、「赤みが出たので肌に合わなかった」という口コミがありました。

 

少数でもこういうネガティブな口コミがあるという事実から、やはりアトピー・敏感肌であれば肌との相性を確認する必要があります。

まずは初回お試しキャンペーンでオイルだけ購入し、相性チェックの上で継続するかどうか判断する事をおすすめ致します。

 

 

ビューティーオープナーの使用経験からアトピー・敏感肌に問題ないか検証

ビューティーオープナー使用経験より

お次は、私のビューティーオープナー使用経験からアトピー・敏感肌に問題ないかコメントさせていただきます。

 

まず、私の肌質ですが、乾燥肌です。

ただ、少し敏感肌な傾向もあり、刺激が強いと肌が痒くなって、軽い炎症を起こす事があります。

ビューティーオープナーはそれがないので、継続使用しているのですが、いろんな化粧品を試してきた経験からビューティーオープナーを客観的に評価して見たいと思います。

 

ビューティーオープナーオイルはとてもさらっとした使い心地です。

卵殻膜は肌との親和性が高いので、すぐに肌に吸着するといったイメージですね。

 

オイリーなものを塗る事で翌日まで効果が持続しているものとは全然違います。

肌本来の機能を高めてくれている印象ですから、とても自然な使い心地なわけです。

 

正常なターンオーバーは健康的な肌に欠かせませんからね。

究極を言えば、私はビューティーオープナーオイルとビューティーオープナージェルの2ステップケアで事足りると思っています。

 

ビューティーオープナーはアトピー肌でも大丈夫なの?まとめです。

ビューティーオープナーとアトピーについてまとめ
  • ビューティーオープナーは無添加で成分上問題は見当たらない
  • ビューティーオープナーの口コミからむしろおすすめできる
  • ビューティーオープナーオイルとジェルの併用はアトピー対策になりうる

今回の調査でアトピー肌にも救世主となる可能性を秘めている事がわかりました。実際にライスパワーNo.11など、保湿の観点からアトピー対策という位置付けになる基礎化粧品は増えていますよね。

 

ただ、あくまで基礎化粧品と医薬品は別物です。

肌の状態によっては医師に処方された塗り薬を顔に塗っているケースもあると思います。

 

そうした場合は、併用を避けるか医師への相談が必要だと考えています。

私は自身の肌質とベストな付き合い方を模索する事を重要視しています。

誰にでも最も快適に過ごせる解決策があると思っているからです。

 

その一環としてお試しされるには良いと思います。

また、肌に問題がなくても、1ヶ月で効果を実感できないなら「合わない」と割り切るのも一つの見極め方です。

数日では判断が難しいでしょうが、私の経験上1ヶ月で効果を実感できないもので、その後実感できた経験は少ないからです。

 

本記事があなたの美肌ライフの助けになると幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です